容姿と性格が異なるのは人間だけじゃない!

2年前の秋。
パピヨンとシーズーのミックス犬(美ら)を買いはじめました。

きっかけはその年の夏、16年半一緒に暮らしたポメラニアンとシーズーのミックス犬(コロン)が、永眠してしまったことです。

コロンが亡くなったときは、あまりの悲しさに「もう犬を飼うのはやめよう」と思いましたが、日が経つにつれ、「悲しさ」は「さびしさ」へと変わっていきました。

コロンがいつも寝ていたソファーに誰も座っていないことも、散歩に行く時間に家にいることも。
それまでの習慣のひとつひとつに「むなしさ」を感じてしまうようになりました。

そんな時、何気なくインターネットで見つけたのが、美らでした。

色や模様は違いましたが、写真で見たとき。なんとなく雰囲気がコロンに似ていました。

主人が「あまりコロンに似すぎていると、コロンと比較してしまうから。ちょっと違うほうがいいね」と言い、家からは少し離れたペットショップに見に行くことにしました。

秋晴れのその日、ショーウィンドウから「お目当ての子」を見つけると、一緒にガラスのゲージに入れられた子犬と元気そうに戯れていました。

生後4か月を過ぎていたので、価格は6万円くらいでした。
写真で見るより顔がほっそりしていましたが、元気そうな子でかわいい子だったので、即決で購入を決めました。

対応してくれた店員さんに「元気ですよね?」と尋ねると、「元気というより。。。お転婆ですね」と含み笑いで言いました。

後で主人にその話をすると「お転婆って言ってたっけ?」と言いますが、一緒に生活してみると「お転婆」を通り越して「じゃじゃ馬」でした。

コロンはほとんど、吠えることのない犬でしたが、美らは自分を中心に家族が過ごしてくれないと、すぐ吠えます。
甘えん坊なところは、コロン以上かもしれません。

コロンと同じように散歩が大好きなので、散歩に連れて行くことが日課になりました。
特別なことはしていませんが、甘えん坊なので常に膝の上に居たり、抱っこしたりとまるで人間の赤ちゃんのように接しています。

子育てが終わった私たち夫婦にはちょうどいいのかもしれません。

トラブルというほどではありませんが、小型犬に多い気管虚脱のようで、たまにその症状が出てしまうことがあります。
コロンもそうだったので、ひどいときは獣医さんにお薬をいただいています。

散歩中、すれ違うほとんどの人が「かわいい」と言ってくださりますが、見た目は本当にかわいいのですが、性格は、「凶暴」です。(笑)

飼いはじめて数か月で、リビングのレースのカーテンはボロボロにされましたし、スリッパは続けて4.5足ダメにされました。
たまに柱をかじっていることもあります。
ゴミ箱からゴミを引っ張り出してくる。
あいさつ代わりにつま先を噛む。。。毎日、なにかいたずらをしてやろう!と狙っています。

「コロンも小さいころは、やんちゃだったけど、ここまでではなかった」と息子たちにも言われています。

月々、特に費用が掛かっているというのではありませんが、美らの毛質はとても柔らかく(ふわふわした感じ)なので、毛玉ができやすいためこまめにトリミングに通うようにしています。

ただ、抜け毛はほとんどありません。

ペット保険は、最初の1年は加入しましたが、今は加入していません。
もう少し、年齢を重ねたら、また加入するかもしれません。

最近、毎日うちに来る猫達と一緒に散歩に出かけるので、うちの近所では、ちょっとした名物になっています。
「猫と仲がいいんですか?」とか「猫と一緒に散歩してる」とか、すれ違う人が驚き、また微笑んでくれます。

散歩途中にも、猫に乗りかかったり、美らは、全くじっとしていません。

今でもよく、主人が
「あのネットの写真に騙された」と言います。

見た目からは絶対想像できないくらい、やんちゃ娘です。

これからペットを飼う人へ。見た目に騙されちゃいけません(笑)と言いたいですね。