我が家には三毛猫フェチの人間と三毛猫が住んでいます。

我が家には三毛猫が住んでいます。

飼い始めたきっかけは、先代猫の永眠です。ペットロス症候群に陥らないためにも、すぐに2代目のにゃんこを探しました。

見つけたのは、インターネットの里親探しのサイトでした。もう、1万件は案件を見たと思うのですが、その中でわたしのハートを射止めたのが、いま飼っている三毛猫のうちの1匹です。

初めて我が家に連れてこられた時には、びびって震えて、家具の影に隠れてしまいました。でも、1時間後には私に慣れてくれて、だっこもさせてくれるようになりました。

この猫との思い出深いエピソードと言えば、やっぱり、初めて私のおなかの上に乗ってきてくれた時の事でしょう。注意深くふんふんと匂いをかぎながら、おなかの上に乗ってきました。

そして、そこで、お母さんのおっぱいを探し始めました。おいおい、私は君のお母さんじゃないよ、と突っ込みを入れましたが、心の中では嬉しくてたまりませんでした。

私のおなかに乗ったのをきっかけに、私達の仲はどんどん良くなっていきました。

もう、私の事を自分の母親だと思っているかのように、家の中を歩いていれば、付いて回るし、お風呂やトイレに入っていると、ドアの外で待っています。私はそれがたまらなく嬉しいです。

私は、猫とよく遊んであげます。猫はまだ2歳ですのでよく遊んでくれます。でも、はしゃいだ分よく眠りもするので、眠っている時は、自分に我慢我慢と言い聞かせて、触らないようにしています。

彼女(我が家の三毛猫)のおかげで、私は立派な三毛猫フェチになってしまいました。

[PR]
シャネルのバッグ・財布をお探しなら【MODEL】を是非ご覧下さい。新作バッグ・長財布やチェーンウォレット・人気カラーのピンク・カメリアなど人気アイテムが随時入荷!
http://store.shopping.yahoo.co.jp/model/a5b7a5e3a5.html