我が家の癒し系アイドル、トイプードルのさくら

私は、茶色い毛並みのトイプードルのメスを飼っています。名前はさくらと言って、今年で9歳になりました。

さくらと出会ったのは私が小学校4年生の頃です。

私は当時から動物が大好きでした。友達がハムスターの赤ちゃんをくれると言ってくれたんですが、ハムスターは早く死んでしまうから、と家族に反対されました。

それから私がごねにごねて、ちゃんと育てられるなら、という事で犬なら飼ってもいいよと言われました。家族総出で向かったペットショップは、最近ではよくあるオシャレな感じではなくて、質素なお店でした。

たくさんの犬がゲージに入っていて、私はトイプードルの下に居る細っこい白のチワワに目を引かれましたが、母がえらくトイプードルを気に入ったので、その子を飼う事になりました。

ゲージから出たトイプードル、さくらはすごく震えてて連れ出した時に周りの犬が、私も連れてってと言わんばかりに吠え出したのが今でも忘れられれません。できれば全員、うちの子にしてあげたかったです。

さくら、という名前は私がつけてあげました。当時住んでいた家の前には、さくらの木が綺麗に咲いていたからです。さくらが生まれたのも4月でした。

私も家族も動物を飼うのは初めてだったので、最低限は仕込んだものの最初はそうじゃなかったのに、さくらはよく吠える犬になってしまって少し手を焼いている以外は、さくらはとても良い子に育ってくれました。

最近じゃ昔よりも体力が落ちたのか、あまりさくらは遊んでと言わなくなりました。毎日のほとんどを寝ていて、あとは私や家族にお腹を撫でてと甘えてきます。

眠る時は母と一緒に寝ている事が多いさくらなんですが、母と一緒に枕を並べて、ちゃんとその枕に頭をちょこんと乗せてねるさくらがとても可愛いです。

そんな姿に、毎日私は癒されています。さくらが居ると、辛い事があった時に癒してもらえるので、私は本当にさくらが居てくれてよかったと思います。