我が家にはオス猫(日本猫)がおります。
一人暮らしが寂しくなってきた時期に、引越しと同時に猫を飼おうと意気込んでいた当時、友人の家の床からわが子は発見されました。
そこで子猫が4匹。引き取り手を捜しているとのことで、引越し完了の3日後、友人宅に伺い、一番元気に部屋を走り回っていた子を引き取ったことが、初めての出会いです。
里親という形なので、値段は0円です。ペットショップでの購入を検討していた分の資金をそのまま設備投資にまわそうと考えました。
とはいえ、元々猫を飼っていたわけではないので、設備は何もなかったので、最低限のものを最初に購入。
具体的には、猫用トイレ・猫砂、キャットフード、ご飯用・水のみ皿、移動運搬用のバッグ、爪とぎ。あとは健康診断などの確認のための病院代としてためてあります。
ちなみにトイレは携帯用で2000円ほど、猫砂が2つで1000円。キャットフードは子猫用で2キロで500円くらいのものを複数。2つの皿は100均。バッグも2000円ほど。
初期投資は抑え気味に終わりました。必要になり次第追加で購入していこうと考えていました。
普段はまだ子猫だったのでご飯・トイレの始末以外に、よく猫じゃらしで遊んで、疲れて眠らせる毎日です。
最初の設備に関しては、ペット用品専門店で購入したものの、価格がなかなか高いと感じ、ホームセンターやインターネットで情報を集め、安いところを選ぶようになりました。
なかでもお勧めは、猫トイレに猫砂として、ペレットストーブに使う、木製ペレットです。
これは、水分がかかると崩れ、トイレの下に落とすことができ、木製のため、消臭効果もあります。大量購入でき、かつ値段も手ごろなためお勧めです。
これはインターネットのショップで購入し、配送してもらえる重量もあるのでとても助かります。
興味のある方は、木製ペレットで検索してみてください。