うちでは黄色がメインで少し緑色も入ったセキセイインコを一匹飼っています。名前はぴぃちゃんです。

両親とつがいで何か小鳥を買おうといっていた矢先、母がペットショップに下見に行ったら目が合ったから・・と目はまだあいてないよね?と突っ込みたくなるような、ちっさくて毛も生えそろっていないなんだかよくわからないものが鳥小屋の中にいました。

最初は、水に浸して柔らかくした餌を一日に何回も上げなくてはいけなくて、皆働いて家にいなかったため、仕事は車での移動が多い父が担当することになりました。

その後すくすく育ち、話しかけるといつからか返事をするようになりました。

毎日話しかけていたのは私が一番多く、私の声は高いので、ぴぃちゃんの声も高くかわいいものでした。

ぴぃちゃんの声はこういう声なんだと思っていたのですが、ある時父がぴぃちゃんにおはようといったとき、今まで聞いたことのない低い声でおはようといったのです。まさかのおっさん声です。びっくりして笑いが止まりませんでした。

オウム返しという言葉がありますが、インコも人を見て相手に合わせてお返事するのがとてもおもしろかったです。