雑種の猫を飼っています。去勢済みのオス猫の8歳です。

この猫を飼うことになったきっかけについてですが、自宅の敷地内に何度も遊びにきていた野良猫だったからです。とても可愛い猫で、よくなつくので、飼いたい気持ちがありました。

ただし、本当に飼うならば、完全室内と決めていたので、エサをあげたい気持ちを抑えて、ただ遊びの相手だけをしていました。

野良猫に餌をやってしまうと、法律的には飼う意思があるとみなされるというような話を聞いたことがあったので、どんなに可愛くてもどんなに飼いたいなと思っていても、同居家族も居て、同居家族全員が猫の室内飼いなどに賛成するような性格ではないことを分かり切っていたので、エサやりは心を鬼にして最初のころはあげていませんでした。

エサを中途半端にあげてしまって、ご近所トラブルに発展したくなかったというのもあります。そんな日々を送っていた中、家族が、なんとこっそりと裏で餌付けしてしまっていたという事実が発覚して、それから家猫として迎え入れて家族同然で飼っています。

ということで、手に入れた経緯は、ペットショップなどで有料というわけではなく無料同然で手にいれました。強いて言えば、かかったお金は、餌付けのエサ代金くらいです。

猫なので、空気清浄器がなくても猫トイレを置いていない部屋ならば、臭いはさほどしません。自分で毛づくろいをする生き物なので、体からは臭いはありません。

お手入れは、短毛の雑種なので、長毛種のようなお手入れの頻度も必要としません。数日に一回程度のブラッシングで十分です。ただし、毛の生え変わりの時期は一時的に毎日ブラッシングをしています。

猫の砂のトイレには、必ずシリカゲルを猫砂の量に対して3割から4割ほど混ぜています。シリカゲルは強力な消臭効果があるからです。猫も慣れれば、シリカゲルに対して動揺しません。

完全室内飼いなので、犬のように散歩をしています。猫用のハーネスは八の字になっているハーネスで脱走しにくい構造になっています。なので猫専用のハーネスをつけて、あとは犬と同じ要領でつないで、散歩しています。

ペットに関してのトラブルでは、窓の鍵を閉め忘れたことがあり、運悪く脱走してしまったときがありました。かなり探し回りましたが、3日間見つけることができませんでした。

おそらく、割と遠くの方まで散歩でもして、迷子になっているのかな?と思いましたが、真相は、交通事故で動けなくなっていたようです。怪我をした状態で4日後に猫が自分で帰宅しました。病院に連れ居て行ったら、交通事故のようですね、ということでした。

それでも死なずに、後遺症も残らない程度の怪我で生きて帰ってきてくれて本当に良かったです。それ以降、飼い方にもっと気をつけるようになりました。

散歩の頻度を増やしたり、家の中にいても飽きないようにキャットタワーの台数を増やしたり、爪とぎを家中至るところに置いています。

飼い猫とは、ほとんど一緒にいるようにしていますが、ときどきわざと一人にもさせています。見ていると、猫も一人になりたい時があるのかなという感じがするからです。

脱走は、絶対にできないように環境を整えて、縁側などで日中昼寝を一人でさせています。

ご飯のときは、人間と一緒に食べています。猫も一緒に食卓に参加してくるので、姿形が違うだけで、ほどんと人間と同じような形態の生活をして付き合っています。

思い出深い幸せなエピソードがあります。

私がつらいことがあって、一晩中泣いていたら、見かねた飼い猫が私のそばに寄ってきて心配そうにしながら、泣いている間じゅうずっと、足を舐めて慰めてくれました。