念願のマイホームを建てたのを機に、ずっと飼いたかった猫を飼うことにしました。

保健所からの引き取りや里親募集も考えましたが、初めて飼うこともあり今回はペットショップで購入することになりました。

出来れば子猫にして長く一緒にいたいとは思っていましたが、その時点では種類までは決めていません。
犬に比べて猫は圧倒的に数が少なく、いろんなペットショップをまわって我が子探しです。

その中で、大人しくちょこんと座っている薄い茶色のスコティッシュフォールドに目が留まりました。
抱かせてもらうと連れて帰りたくなるとよく聞きますが、その覚悟で抱っこさせてもらいました。
そうするとやっぱりこの子をうちに迎えよう、という気持ちになったのです。

その子は12万円で、保険やエサ皿など細々としたグッズを入れると20万円を超えました。

正直なところ予算はオーバーしましたが、やっぱり第一印象でピンとくる子がいいですからね。

猫は初めて飼うので最初は些細なことでも気になりました。

例えば部屋は寒くないだろうかとか、階段を転げ落ちないだろうかなど心配の連続です。
ですがそれも杞憂に終わり、すくすくと成長してもうすっかり大人の顔です。

定期的に爪切りをしたり、長毛種なのでシャンプーとブラッシングは必要ですが、猫は自由気ままな子が多いので大変なお世話は特にありません。

逆に遊んでやろうとしても構ってくれなかったりして、それもまた可愛さの1つです。

飼っているというよりは一緒に暮らしているという感じで、お互いに甘えたり自分の時間を過ごしたりという家族のような付き合い方が出来ていると思います。

あと飼いはじめてからわかったのは、意外とお金が掛からないということです。

エサ代だけでも結構かかるんじゃないかと思っていましたが、実際は月々1000円ほどです。

おもちゃも最初はよく買っていましたが、どんなものが好きかという傾向がわかってくると無駄に買うこともなく、今ではこれは!と思ったものをたまに買う程度で十分こと足りています。

ただ、トイレ用品だけは少しお金をかけてでもきちんと消臭してくれるシーツや砂を選んでいます。

もう1つお金関連で重要なのはペット保険ですね。

子猫のときから大きな怪我や病気もなく健康に育ってきましたが、1度膀胱炎になったことがあります。

エサをたまにはと思って高いものをあげてみたら、どうもあわなかったみたいです。
美味しそうに食べていたので、自分でも気付かなかったのではと思います。

通院時に自己負担3割で済む保険で、掛け金は年間で3万円弱です。

いざというときにお金いくらかかるかというのを気にせずに病院に駆け込めるので、たとえ病院に行く機会のあまりない子でもやっぱり入っておくほうがいいと思います。

病気やケガをしないのが1番ですが、通院を何度かするともとが取れてしまう値段ですからね。

猫の中でも人気トップクラスといわれるスコティッシュフォールドは、とても飼いやすい猫だと思います。

大人しくて基本的に自分のやりたいようにしていますが、ときには甘えん坊です。
寒さには比較的強いですが、長毛なので夏の暑い時期には注意してあげましょう。