可愛い金魚達は素焼きの穴あき土管がお好き

私が飼っていたのは金魚(和金)でした。
買うきっかけとなったのは、ありきたりですが近所のスーパーが催した縁日でで金魚すくいがあり、すくえなかった際のオマケとしてもらわれてきたものでした。
そのなかに体が小さく、仲間に上手く溶け込めないのが混じっていたため、可愛そうに思い、ホームセンターで20円で売っていた小さい金魚を買い足しました。
後にそれは、大型熱帯魚用の餌金であったことを知りました。
直ぐにろ過付きの45�pの水槽を購入しましたが、あっという間に大きくなり、運動不足のようなため、60cm、90�pとジワジワサイズを大きくしていきました。
1ひきしんで、5匹を飼いましたが、この数を元気よくさせておくには、ろ過機だけの酸素の取り込みでは足りないため、水中で泡を発生させる装置を数種類購入しました。
ろ過機のフィルター替えと水替えは普段のお手入れに欠かせません。
餌は朝と夕の2回の餌やりは金魚が喜び、面白いのですが、かなり肥えてきます。
しかし朝だけにするとふてくされ、夕方から死んだフリをされます。
タダ金の奴らに、複数のエアポンプ(2,000円前後)やバックスクリーン(1,000円前後)、冷凍粉砕赤虫(1,000円前後)、水草(500円前後)を買い与え続けましたが、一番喜んでいた、身をひそめる場所となる素焼きの土管でした。
小さなものから蚊取り線香のブタまで投入しましたが、一番気に入って入ったのが、片側サイドに穴があけられているホームセンターで熱帯魚用品として販売されていた土管(1.500円位)のものでした。
物陰に身を潜めながら穴から目を出してこちらを覗くのです。
魚も人間と同じで、水槽の限られた中では暇なのです。
人間観察をしたい、でも、プライバシーは欲しい、そのような心がある生き物です。